探訪!博多ラーメンの元祖「赤のれん」

毎年ラーメンの総合ランキングが発表されますが、ラーメンはいまや、国民食と言っても過言がありません。そんな激戦区ラーメンの世界で、必ず上位にランキングされているラーメンの一つが博多ラーメンです。豚骨のクセのある独特のスープにうま味と甘さ、そして絶妙な醤油の塩加減がラーメン好きのみならず、たくさんの人々の舌をうならせています。

そんな博多ラーメンの元祖と言われている名店が「赤のれん」です。

豚骨ラーメンの元祖「赤のれん」の由来と産みの親

博多ラーメンといえば、言わずと知れた豚骨スープですが、その元祖と言われているのが、「名店赤のれん」です。赤のれんの創業は昭和21年津田茂氏が屋台でラーメン屋を出した年だと言われています。意外な事ですが、最初はうどんを出していたそうです。

ところが、その当時すでに屋台数もかなりあり、このままでは勝機が望めないと、何か独自の店にしなければと思っていた矢先に、以前中国の奉天を訪れた際に食べた「十銭そば」を屋台でやれないだろうかと思いついたのが、豚骨ラーメンを始めるきっかけになったといわれています。

そんな時、当時肉屋で不要とされて廃棄されていた豚骨に目をつけ、これで再現できないかと試行錯誤の末できあがったのが、白濁豚骨スープに小豆島の濃口醤油のたれを合わせ、細平麺を組み合わせて作られた「赤のれんのラーメン」でした。

今では誰でも知っている博多ラーメンの誕生です。ちなみに使用された濃口醤油は、津田氏の奥様の故郷の小豆島の濃口醤油です。創業から今に至るまで、博多ラーメンの名店は増えれど、この「赤のれん」が言わずと知れた元祖の店であります。

コクのある独自の「赤のれん」のスープ

ラーメンにおいてスープは、ラーメンの美味しさを左右する要と言っても過言ではありません。博多ラーメンにおいてもそれは一緒で、一口に博多ラーメンといっても、それぞれ特徴が異なるのは当然です。それぞれ名店と呼ばれる各店ごとに、研究を重ねこだわり抜いてスープを仕込んでいるのです。

博多ラーメンの元祖である赤のれんのスープも、独自のこだわりの深いスープであります。濃厚な豚骨のうま味をべースにしたスープで、どちらかというと札幌ラーメンのような、北海道の醤油ラーメンに近いラーメンだと言われる方もいるようです。

おそらくそれは、いわゆる博多ラーメンと言われるスープの特徴にはない、北海道のラーメンにみられる特徴があるせいでしょう。北海道のラーメンにみられる脂分の甘さと、香りが濃いコクのある、しょっぱめの醤油がうまくブレンドされた濃厚な味がそういう印象をあたえるのでしょう。

色味にしても博多ラーメンに比べて、濃い色のスープになっています。スープの上に透明な脂が浮いている、いかにもこってりとした見た目ではありますが、意外にしつこさのない上品な味にしあがっており、お酒を飲んだ後のしめのラーメンとしても美味しく頂けるラーメンです。

1度たべて虜になった人は数知れずいることでしょう。

特徴のある「赤のれん」の麺とトッピング

赤のれんの麺は創業当時から変わらず、細平麺になっています。この麺は博多ラーメンでは独特です。歯ごたえを好むヒトによっては、若干物足りなさを感じるかもしれません。それほど、赤のれんの麺は豚骨ラーメンにしては、繊細な麺であるといえます。

ですが、スープと麺がそろってこそ、「赤のれんのラーメン」といえるでしょう。他の博多ラーメンとの違いは麺だけではありません。トッピングも独自性があります。普通博多ラーメンにはきくらげがのっていますが、赤のれんのラーメンにはシナチクがトッピングされています。

見た目にも独自のこだわりが見れる赤のれんのラーメンには、独自性と創業家ならではの風格が感じられる名店のひと品といえるでしょう。

引き継がれる創家の味

赤のれんのラーメンは現在創業者である津田茂氏の息子の節男氏が二代目になっており、「元祖赤のれん節ちゃんラーメン」など複数の店をたちあげてます。箱崎にある「赤のれん&とん吉」は、節男氏と創業者から直接に学んだ弟子の宇野太一郎氏で営んでいるお店で、2種類の異なるタイプの豚骨ラーメを食べる事ができます。

また、どちらも食べたい人向けの、二つを同時に食べ比べできる、大変お得感のある「食べ比べラーメン」なるユニークなメニューもあります。麺も繊細な細平麺と、歯ごたえのある麺の2種類になっていて、勿論麺に合わせ、スープも変えているこだわりぶりをみせています。

創業者からじかに習った弟子達が「赤のれん」のラーメンの味を守り、新しい味を広めています。また、弟子の一人が東京に始めて開業した西麻布の店があります。その当時赤坂英晃氏が旨いラーメンをもとめ、九州各地で有名店を食べ歩いていた際、「赤のれんのラーメン」の出会い惚れ込んで、赤のれんで修行の末、開店した店だそうです。

現在は二代目の店主が店を営んでいます。

現在の「赤のれん」の店舗展開と営業スタイル

ラーメン業界は次々と新しい激ウマと言われるラーメンが生まれ、変わらぬ味を求める昔ながらのラーメンから、今期のトレンドと評されるラーメン。激辛ラーメン等個性も種類もさまざまな人気店がしのぎを削る厳しい業界です。

名店「赤のれん」をしても例にもれません。創業から今にいたるまで、順風満帆なだけではなかったようです。東京進出を始め数々の店が開業しましたが、世の常で経営の失敗で閉店してしまった店もあったり、名店ゆえの系列店に認められることのできない等の複雑な事情ができたりと、開業までこぎつけても、消えていった店もありました。

現在は博多の「赤のれん節ちゃん」住吉店、天神本店、東京の麻布店、丸の内店、六本木店等を展開しています。今も変わらずたくさんの客が連日訪れる人気店ばかりです。また最近では、ラーメンのお取り寄せ等の通販などもとりおこなっており、「赤のれん」の味をたくさんの人に広く知ってもらうべく、今のニーズにあわせた販売に乗り出すなど、元祖博多ラーメンの「赤のれん」の味を守り伝えています。

伝統を守りつつ、新しい「赤のれん」の可能性を広げる試行錯誤の経営戦略が仕掛けられています。しかしながら、尽きる事のない味の探求があってこそ、今の「赤のれん」があるのです。今でも博多ラーメンを語る時、欠かす事のできない名店「赤のれん」。

これからもその味を守りながら、人々に愛される名店としてその名を広めていくことでしょう。

本場で人気を集める博多ラーメン店